Billboard Album200 & HOT100 2020年1月4日付

【アルバム】
Fine_Line.pngワンダイレクションのメンバー、ハリー・スタイルズの “Fine Line” が2週連続1位。
ポイントは81%大幅減の8万9千ユニットながら1位をキープ。
売上枚数も88%減の4万7千枚と激減。
2017年のセルフタイトルのデビューアルバムは23万ユニット(19万3千枚)で初登場1位。
日本でのプレゼンスは薄い。

マイケル・ブーブレの “Christmas” が34%増の7万7千ユニットで6位から2位に上昇。

21歳のラッパー、ロディ・リッチのデビューアルバム “Please Excuse Me for Being Antisocial” は3位変わらず。
ポイントは10%減の7万3千ユニットと健闘。

マライア・キャリーの1994年のクリスマスアルバム “Merry Christmas” が40%増の7万1千ユニットで8位から4位に上昇。

ビリー・アイリッシュの “We All Fall Asleep, Where Do We Go?” も31%増の6万4千ユニットで9位から5位に上昇してトップ5再突入。

ポスト・マローンの “Hollywood’s Bleeding” は微増の6万3千ユニットながら4位から6位に後退。

ペンタトニックスの “The Best of Pentatonix Christmas” も12%増の6万2千ユニットで7位をキープ。

ナット・キング・コールの “The Christmas Song” も45%増の6万ユニットで11位から8位に上昇してトップ10再突入。

“Frozen 2” のサントラは6%減の5万7千ユニットで5位から9位に後退。

ヤング・サグのナンバー1アルバム “So Much Fun” が136%増の5万3千ユニットで36位から10位に上昇。

1 1 Fine Line / Harry Styles 89,000 (47,000)
2 6 Christmas / Michael Buble 77,000
3 3 Please Excuse Me for Being Antisocial / Roddy Ricch 73,000
4 8 Merry Christmas / Mariah Carey 71,000
5 9 When We All Fall Asleep, Where Do We Go? / Billie Eilish? 64,000
6 4 Hollywood's Bleeding / Post Malone 63,000
7 7 The Best of Pentatonix Christmas / Pentatonix 62,000
8 11 The Christmas Song / Nat King Cole 60,000
9 5 Frozen II / Soundtrack 57,000
10 36 So Much Fun / Young Thug 53,000

【シングル】
All_I_Want_for_Christmas_Is_You.pngマライア・キャリーの定番クリスマスソング “All I Want for Christmas Is You” が3週連続1位。
リリースから25年、びっくりの3週連続ナンバー1。
クリスマスソングが1位になるのは61年前の “The Chipmunk Song” 以来だそうだ。
“All I Want for Christmas Is You” は1994年のアルバム “Merry Christmas” からシングルカットされて2017年にトップ10入り。
昨年のクリスマスシーズンにも最高3位まで上昇していた。

ストリーミング30%増の7,220万で Streaming Songs 4週連続通算5週目の1位。
ダウンロードも17%増の1万7千で Digital Songs 7位から5位に上昇。
エアプレイは28%減の3,090万で Radio Songs 14位から26位に後退。

3週連続ナンバー1でマライアは2020年紀にもナンバー1を獲得したことになり、4十年紀でナンバー1を記録した唯一のアーティストとなった。
今までの最高は3十年紀で記録したアーティストは8名いる。
60年代70年代80年代 スティービー・ワンダー
70年代80年代90年代 マイケル・ジャクソン、エルトン・ジョン
80年代90年代2000年代 ジャネット・ジャクソン、マドンナ
90年代2000年代2010年代 クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、アシャー
クリスティーナ・アギレラ、ブリトニー・スピアーズ、アシャーに記録更新のチャンスは訪れるのだろうか?

先週マライア・キャリーのナンバー1ソングは19枚目に到達してトップのビートルズにあと1枚とせまった。
3番目はリアーナの14枚、4番がマイケル・ジャクソンの13枚、マドンナとザ・シュープリームスが12枚で5位タイとなっている。
1位滞在週数記録を82週に伸ばし、2位リアーナの60週、ザ・ビートルズの59週との差を広げた。

ナンバー1到達スパンも、“Vision of Love” が1990年8月4日に1位になってから29年4か月と4週間に記録を更新しシェールの持っていた最長記録との差を広げた。

さらに、マライアはこれで3週以上1位を記録した曲が10枚目となりこちらも記録更新。
ザ・ビートルズとリアーナが次点で9枚を保持している。

ブレンダ・リーのクリスマスソング “Rockin' Around the Christmas Tree” が2週連続2位。
ストリーミング44%増の6,510万で Streaming Songs 2位変わらず。

ボビー・ヘルムズの “Jingle Bell Rock” が9位から3位に上昇してトップ3入り。
彼は20年以上前の1997年6月19日に63歳で亡くなっている。
ストリーミング44%増の5,440万で Streaming Songs 3位。

バール・アイヴスの “A Holly Jolly Christmas” も6位から4位に上昇。
バール・アイヴスも1995年に85歳で亡くなっている。
ストリーミング63%増の5,320万で Streaming Songs 4位。

アンディー・ウィリアムズの “It's the Most Wonderful Time of the Year” も15位から7位に上昇してトップ10入り。

今週は1位2位3位4位7位と5曲がクリスマスソングで当然そんなことは史上初である。

ポスト・マローンの “Circles” は3位から5位に後退。
エアプレイ2%増の9,830万で Radio Songs 2週連続1位。

ラッパー、アリゾナ・ゼルバスの “Roxanne” は4位から6位に後退。
Hot Rap Songs チャート5週連続1位でHot R&B/Hip-Hop Songsチャートも2週連続1位。

ルイス・キャパルディの “Someone You Loved” は8位変わらず。

マルーン5の “Memories” は7位から9位に後退。

リゾの “Good as Hell” は10位変わらず。
ダウンロード95%増の2万で Digital Songs 初の1位。
iTunes で69セントたたき売りセールが敢行されたため。
Hot R&B/Hip-Hop Songs チャートの1位は “Roxanne” に譲ったが、Hot R&B Songs チャートは8週目の1位。

1 1 All I Want for Christmas Is You / Mariah Carey
2 2 Rockin' Around the Christmas Tree / Brenda Lee
3 9 Jingle Bell Rock / Bobby Helms
4 6 A Holly Jolly Christmas / Burl Ives
5 3 Circles / Post Malone
6 4 Roxanne / Arizona Zervas
7 15 It's the Most Wonderful Time of the Year / Andy Williams
8 8 Someone You Loved / Lewis Capaldi
9 7 Memories / Maroon 5
10 10 Good as Hell / Lizzo

次週≪≫前週


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント