google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

NHK杯戦佐藤天彦九段VS行方尚史九段




本日放映されたNHK杯テレビ将棋トーナメントは久しぶりに面白かった。

ハイライトは終盤。
先手の佐藤天彦九段が3四桂とした159手目の局面。
先手玉に詰みがあるかどうか?
2021-01-17b.png

結論としては詰みあり。
オレが観ていて第一感は1九角 同玉 1七香 で詰み。
実際に以下の手順で詰んでいた。

1九角 同玉 1七香 2八玉 1八香成 同玉 1六龍 2八玉 1七金 3九玉 2八銀 3八玉 2七金 4七玉 4六香 5八玉 4八香成 同金 5六龍 6九玉 6八歩 同玉 6七銀成 7九玉 7八金 まで変化あるも詰み。

筋悪?の7六銀まで詰みに参加。
これで詰めあげていたら溜飲が下がるところ。

実戦は1八金と打ってしまったので詰まなくなった。
1九角と打って金を残すのがポイント。
1六龍にたいし1七に合駒された時に金銀があれば2六桂で詰ますことができる。

1八金 同玉 1六龍 1七銀の実戦の進行では、2六桂と打っても同歩と取られ持ち駒が角と銀では詰まない。

159手目の3四桂は悪手で4七香など他の手なら激戦が続いていた。
google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント