google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.41

SURF&SNOW in Naeba Vol.41 二日目に出かけた。
2021年3月29日(月)から4月12日(月)まで全8公演。
woman in the moon.jpg

今回は当然のごとくチケット当選ならず。
キャピタル・ヴィレッジのツアーも外れた。
あきらめていたら、キャンセル繰り上げのメールが来たのですぐに振り込んだ。
そうしたらちっとも緊急ではない緊急事態宣言が出て、まだ振り込んでない人は保留してくださいと連絡がきた。
Gotoやってザル検疫で海外渡航者の入国を認めれば感染者数増えるに決まっている(>_<)
わざわざ感染者を増やして緊急事態宣言を発出していったい何がしたいのか分からない。

昨年よりさらに早く東京を出発。
昼前のとき315号で11時半に越後湯沢到着。
予想はしていたが雪が少なくてびっくり。
バスターミナルに雪はなく、周囲の山にはまだ雪が残っていた。
越後湯沢.jpg

ツアーバスは12時出発で12時半に苗場プリンスホテル到着。
チェックインは15時からなのでロッカーに荷物をあずけた。
アーリーチェックインは一部屋2,000円で可能だがやめておいた。

スキーシーズンはほぼ終了でゲレンデにあまり雪はなくスキー客も少ない。
ホテルのレストランも店舗も営業している店は少ない。
温泉も営業していなかった。
昼飯を食べた後、ホテルを出て「雪ささの湯」まで歩いて行った。
苗場の街はスキーシーズン終了で静まり返っていた。
「雪ささの湯」は源泉で茶色く濁ったお湯の野趣たっぷりの温泉。
露天風呂もあるが、周囲の高い建物から丸見えである(笑)
入浴料は900円。カップルで1,600円と一人100円割引となる。
雪ささの湯.jpg

入浴後ホテルに戻るとちょうどチェックインが始まっていた。

今年はロビーに花が飾られていなかった。
ブリザーディウムの前にたくさんの花。
aiko.jpg

座席表を撮影しようとしたら、おばさん二人組がうしろに並んでいるおじさんものともせずに座席表を指さしながらいつまでもおしゃべり。
しびれを切らしたおじさんが割り込んで撮影したらようやくどいた(笑)
今年は4年ぶりのセンターステージ。
座席表.jpg

出演者(今年は最小限のバンドでダンサーも無し)
松任谷 由実/ヴォーカル
武部 聡志/キーボード、小田原 豊/ドラム、遠山 哲朗/ギター、浜崎 賢太/ベース、小林 香織/サックスandフルート
佐々木 詩織/コーラス、今井 マサキ/コーラス

ライブの開始予定時間は21時。
座席は8列目。
検温、消毒コーナーを通って入場。
席は前後左右一席空けの収容率50%だった。
フェースシールドが配布されていてそれを組み立ててマスクの上から装着。
手元が暗くて組み立てができず手伝ってもらった(笑)
今日はステージ撮影が行われることアンコールは無いことが事前にアナウンスされた。
定刻を過ぎた21時10分にライトダウン。
ポン、ポンという音が流されて始まった。

GゾーンとHゾーンの間の花道からバンドメンバーと最後にユーミンが登場。
ニューアルバム深海の街のジャケ写のような潜水服を装着。
一曲目“SAVE OUR SHIP”で幕を開ける。
終了後ステージはスモークで包まれて衣装替え。
ユーミンの出で立ちは青い上着とパンツ。

「この一年はコロナで大変だった。苗場ができて本当に良かった(拍手)いつもと違うステージにします」などのMC
次はニューアルバムのタイトルチューン“深海の街”。
続いて“ジャコビニ彗星の日”“ツバメのように”
遠山さんがステージでギターソロ。
“無限の中の一度”でここまで座っていた観客が立った。

「今回のテーマはWoman in the Moon。みんな月旅行の一員だよ。
ステージにはウルトラヴァイオレットも装備して感染対策は万全です。
こちらからフェースシールドした皆さんの方をみると、よく言うとスター・ウォーズ、悪く言うと怪しげなパーティーにも見えます(笑)」

次の2曲はニューアルバムから“1920”“ノートルダム”。
“満月のフォーチュン”でまた観客はみんな起立。

で恒例のリクエストコーナー。
例年3組だけど今年は2組に縮小。
色々な意見があったようだけど決行された。

一組目は新宿から来た たしろはじめさん(男性)
リクエストは“雨に消えたジョガー”
ユーミンによると、若くして命を落とす病気を25上げてもらって歌詞にあうものを使ったそうだ。
悲劇だけどファンタジー。

二組目は ゆうきふみこさん(女性)
リクエストは“ハッピー・ニュー・イヤー”
旦那さんも来ていてふたりともステージに上がった。
交際中にオホーツク海で日の出を見た時に聞いた曲。
来年もこの人とこうして過ごせるといいなと思った想い出の曲だそうだ。

リクエストコーナーについては止めた方がいいとか色々な意見があった。
でも苗場だから!やることにした。
ことしは二組にしたけど、来年は三組やるよ!(拍手)
ここまでで22時25分。

ということで通常ヴァージョンに突入。
次の曲は “未来は霧の中に”
終了後にまたスモークが発生して衣装替え。
今度は白いジャケットにホットパンツ。
帽子とブーツもボア。
“丘の上の光”のあとが“NIGHT WALKER”
雪の日のために作った曲だそうである。
一年前の苗場は40周年でした。これで終わってもいいと毎日120%でやった。
ショーが終わって部屋に帰るとダイアモンドプリンセス号のことが報道されていた。
別の世界の話かとふしぎな気持ちがした。
この一年は本当にたいへんで皆さんも同じだと思うけどなんとか乗り切った。
これからも乗り切っていくのだと思う。
最後のコーナーみなさんの健康と安全を祈って歌います。

ニューアルバムから “NIKE”。
“ダンデライオン~遅咲きのタンポポ”
ここまではみんな座って聴いていた。
次から最後まではみんな立っていました。

“Blue Planet”
“Man in the moon”
“コバルトアワー”
“VOYOGER~日付のない墓標”
苗場では外せない“BLIZZARD”
いつもとまったく違うアレンジ。
「今回だけのアレンジでお届けします」
ここでバンドメンバーの紹介。

アンコール無しの本編ラストはニューアルバムから “雪の道しるべ”
23時20分になっていた。

23時22分にユーミンがすぐ横(2,3m)を通って退場。
今までで最接近して間近でみられてラッキー(笑)
その後は規制退場となり、勝手に退場しようとする人もなく整然と終了しました。

2021年3月30日 於:苗場プリンスホテル ブリザーディウム
松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.41 セットリスト

1:SAVE OUR SHIP
2:深海の街
3:ジャコビニ彗星の日
4:ツバメのように
5:無限の中の一度
6:1920
7:ノートルダム
8:満月のフォーチュン
リクエスト1:雨に消えたジョガー
リクエスト2: ハッピーニューイヤー
9:未来は霧の中に
10:丘の上の光
11:NIGHT WALKER
12:NIKE
13:ダンデライオン~遅咲きのタンポポ
14:Blue Planet
15:Man in the moon
16:コバルトアワー
17:VOYAGER~日付のない墓標
18:BLIZZARD
19:雪の道しるべ

google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント