google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

今月の詰将棋パラダイス(2021年8月号)





今月の詰将棋パラダイスについていくつか。

まずは今月の出題作でオススメなのはこの作品。

大4 入選93回
加古川市 中村雅哉氏作
2021-08-30a.png

看寿賞も受賞したことのある難解実力派作家の作品。
急峻な登山口を突破するときれいなお花畑が開ける(笑)
非常に良い作品なので、詰パラ購読していない人は将棋連盟売店、八重洲ブックセンター、アカシア書店等で購入して挑戦してください。

次に大学院の結果発表について。

詰将棋パラダイス5月号
院10 添川公司氏作【つゆくさ】
2021-08-30b.png

問題は、36手目の応手である。
正解は同玉だが、8四玉 7五と 7三玉 7四と 同玉 の迂回手順を答えた人が10人もいたとのこと。
解説のとおり、8四玉 7五と 7三玉 には 6三と とすすめて早詰。
いわゆる変化別詰があるのである。
2021-08-30c.png

明らかに誤解だが、担当の堀内さんは正解扱いで評価は無効とした。
個人的には、そういう判断もありかなと思った。
(以下でその理由をのべる)

何度も書いているが、詰将棋の誤答はこういう受け間違いがほとんどで攻手を間違うことはまずない。
(思いつくのは“新たなる殺意”くらい)
変別を見逃しての逃げ間違いは誤答の多くを占める。
だから慎重に検討するわけだが最近では次のようなケースがあった。

詰将棋パラダイス2020年11月号
院9 添川公司氏作【篤姫】
2021-08-30d.png

24手目8六玉の逃げが【つゆくさ】と似ている。
8六玉には 7七と と寄って2手長くなる迂回手順が成立。
作意の 7六と でも同様に詰む。
この場合は 8六玉 と逃げても早く詰む順はない。
非限定でどの手順を答えても正解。
変化別詰があると✖を喰らうので慎重に検討することになる。
その結果非限定とわかるとがっかり。

作品を楽しむうえでは何の問題もないようなところではある。

厳しすぎる解答審査は詰将棋を楽しみを阻害する面がある。
解答者の楽しみは全解者に名前やコメントが掲載されることくらいしかないのだから。
厳しい採点は番付戦参加者だけでいいんじゃないかと思う。
だから堀内さんの判断に大きく異を唱えるつもりはない。

一方でこんな事例もあった。

詰将棋パラダイス2015年8月号
院4 武島宏明氏作 【泡沫】
2021-08-30e.png

99手目の局面から作意は1二玉。
ここで2二玉と逃げると 2三歩 1二玉 で以下作意に還元して詰む。
ところが 3三歩成 で早詰め。
2二玉は 変別見逃しで誤答。

本作には余詰めがあったので話が複雑になる。
2021-08-30f.png

37手目作意は 7二と だが 6三と で余詰めなのである。
攻方最短はこちらの早詰めなので本来作意解は不正解(笑)
余詰め作の場合は作意解は正解扱いとなる。
余詰め作だから 2二玉 は正解扱いにするよう申し入れたが却下された。
余詰めは攻手の選択で変別は守手の選択ミスだから常に誤解扱いとしてきた、との主張だった。

厳しすぎる解答審査は色々な不具合をうむと思う。
(非限定に対する過度の評価減など)
だから堀内さんの解答審査には、本当は賛成なのだ。
変別解者もちゃんと解いているし作品内容も把握している。
月次は正解扱いで評価も短評も活かし、番付戦だけ誤解扱いにしておけばいいんじゃないかと個人的には思う。

最後にデパートについて。
担当のKisyくんはスタートにあたり以下のようにコメント。
「当店は一級品しか採用しません」
なんとなくデパートは学校にはちょっと?という作品のイメージがある?のを払拭しようとしたのかもしれない。
どういう作品がデパートにふさわしいのか?
当方はざんねんながら答えを持ち合わせていない。
が、一級品しか採用しないなら学校と何が違うのか?(笑)と思わなくもない。

しかるに8月号の選題の意図は何か?
全部解いて数分で終わったのは史上初だった(笑)
ツインだからといって価値が上がるわけではない。
別の場で行って欲しい企画だった。
決して「ツインはコーナーの無駄遣い」と言っているわけでないのはご理解いただけると思う。

google.com, pub-3798785871084101, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント