泣くな赤鬼

泣くな赤鬼@ユナイテッドシネマ豊洲
画像

(C) 2019「泣くな赤鬼」製作委員会
製作年:2019年
製作国:日本
日本公開:2019年6月14日
上映時間:1時間51分
配給:KADOKAWA

原作☆重松清
監督・脚本☆兼重淳

キャスト
小渕隆☆堤真一
斎藤智之☆柳楽優弥
斎藤雪乃☆川栄李奈
和田圭吾☆竜星涼
斎藤智之(高校生)☆堀家一希
和田圭吾(高校生)☆武藤潤
小渕佐知佐藤玲
斎藤智美☆キムラ緑子
小渕陽子☆麻生祐未

【あらすじ】
城南工業野球部の監督を務め、鬼のように厳しい指導と陽に焼けた赤い顔から赤鬼先生の異名を持つ小渕隆(堤真一)は、甲子園出場目前まで部を導くが、惜しくもかなわなかった。それから10年、小渕は50代になり野球への情熱も衰えていた。ある日病院を訪れた彼は、教え子だった斎藤智之(柳楽優弥)と再会する。そこで、野球のセンスに恵まれながらも高校を中退した彼が結婚し家庭を築いている一方、末期ガンで余命半年だと知る。
【感想】
はっきり言ってあまり出来が良くない。
たぶんそれは原作のせいでもある。
偶然にしても話が都合よすぎる。
病院で10年前の教え子と遭遇なんかしない。
遭遇したとしても、ちょっと昔話をしておしまい。
しかもその教え子がよりによって末期ガンとは。
話を都合よくひろげすぎなのである。

気に入らないのはそれだけではない。
昔話のパートで、元気の良い新入生斎藤智之が野球部に入部。
紅白戦だか練習試合だかでバッターボックスにはいった智之に赤鬼が出したサインはバント。
智之はサインを無視して強打し長打を放つ。
赤鬼は即座に智之を交代させる。
こういうの大嫌い。
それから赤鬼の智之に対する教育的指導が強化される。
まずは智之の守るサードの対抗馬として和田圭吾をフィーチャー。
へたくそな和田をレギュラーにとりたて智之は補欠。
実力よりも協調性?が重視されたメンバー選定。
たしかに和田は智之より努力しているかもしれない。
が、根本的に考え方が日本全体まちがってる(笑)
その結果智之は野球部を退部。
高校も辞めてしまう。
県大会の決勝で和田はタイムリーエラー。
全員にとってもっとも悪い結果につながる。
それは当然だ。
こんな指導が堂々とまかり通るのは世界広しといえど日本だけ。
世界に出ればまったく戦えない。
サッカーみればよくわかる。
もっとのびのび創造性をはたらかせてプレイする必要がある。
食い物なくても武器なくても力をあわせ精神力でなんとかしろと言われて戦った太平洋戦争みたいでいやになった(笑)

"泣くな赤鬼" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント