アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 @ニッショーホール
画像
(C) eOne Films (EITS) Limited
英題:EYE IN THE SKY
製作年:2015年
製作国:イギリス
日本公開:2016年12月23日 (TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:1時間42分
提供・配給:ファントム・フィルム

監督: ギャヴィン・フッド

キャスト
キャサリン・パウエル大佐☆ヘレン・ミレン
スティーヴ・ワッツ☆アーロン・ポール
ジェームズ・ウィレット英外相☆イアン・グレン
キャリー・ガーション☆フィービー・フォックス
アンジェラ・ノース☆モニカ・ドラン
フランク・ベンソン中将☆アラン・リックマン
ジャマ・ファラ☆バーカッド・アブディ
ブライアン・ウッデール☆ジェレミー・ノーサム
キャリー・ガーション☆フィービー・フォックス
ジャマ・ファラ☆バーカッド・アブディ


【ストーリー】
イギリス軍諜報(ちょうほう)機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、ケニア・ナイロビ上空の偵察用ドローンからの情報を基に、戦地からほど遠いロンドンでアメリカとの合同軍事作戦を指揮している。大規模な自爆テロ計画の情報をキャッチした彼女は、アメリカの軍事基地にいるドローンパイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に攻撃を命じるも、殺傷圏内に少女がいることが判明し……。

【感想】
珍しく男性の多い試写会だった。
テーマがおもに男性にアピールする内容なのだろう。
主人公のキャサリン・パウエル大佐を演じたのは女性のヘレン・ミレン。
当初は男性俳優が演じる予定だったが変更になったようだ。
その狙いが気になる。
キャサリン・パウエル大佐はロンドンで英国とアメリカ協働のテロリスト逮捕作戦を指揮。
数年に渡って補足を試みているアメリカ市民2人と英国人1人を含む4人のテロリストをナイロビで足跡確認することに成功する。
ドローンからの衛星映像でアル・シャバブのテロリストが集結するアジトをロックオン。
捕獲作戦の段取りをしているとテロリスト達は車で移動。
テロリスト達の支配地域にある別のアジトに移動してしまう。

アル・シャバブの支配地域では捕獲作戦の遂行は困難。
捕獲からヘルファイアによる爆撃に作戦が切替わる。
爆撃は軍の一存では実行できず、コブラと呼ばれる英国要人の会議の場での議論となる。
軍を代表して参加しているのが、今は亡きアラン・リックマンが演じる国防相フランク・ベンソン中将。

攻撃許可のためには、まずは人物の特定が必要。
ジャマ・ファラが命がけでアル・シャバブの支配地域に潜入。
蜂型ドローンを飛ばしてアジト内部の撮影に成功。
テロリストの特定と、アジトで自爆テロの準備が進行していることを把握。

コブラでは、攻撃許可をめぐる侃侃諤々の議論が行われるが結論は出せない。
結局、外務大臣や首相にまで確認をとる羽目になる。
いったい何のためのコブラなのだろう。
責任回避、大義名分のでっちあげなど、どんな組織でも見られそうなネゴが続く。

いったんは攻撃許可が出て、スティーヴ・ワッツはミサイル発射の準備にはいる。
発射の直前に、アジト近傍でパンを売る少女を発見。
再度の損害予測を求め攻撃を中止する。
そこでまた、議論が蒸し返されるわけである。
彼らは少女の安全を論議のテーマにしているようだが実は違う。
自分たちの安全、責任回避や大義名分言い逃れが最重要課題。
テロリスト殲滅でより多くの人が助かると考える軍と議論がかみあうわけがない。

などと書いてみたが、これはあくまでも西側からの見方に過ぎないとは思う。
映画では最終的にミサイル攻撃が敢行されテロリスト殺害のミッションは達成される。
が、それで戦いが終わることは決してありえない。
いたいけな少女の死はまったくの無駄死にである。

ちなみにこの映画つっこみどころ満載。
ヘルファイアはホバリングできないので上空を円軌道でまわってターゲットをとらえる。
それなのにターゲットの映像が静止しているのはおかしい。

ミサイル発射後スティーヴ・ワッツは着弾まで50秒というが、ミサイルの速度は秒速450メートル。
ヘルファイアの射程距離は8キロメートルなので射程外になってしまう。

ナイロビの攻撃は午後遅くで、ドローン攻撃を行ったスティーヴ・ワッツのいるネバダは日の出、それなのにロンドンのパウエル大佐は夜車を運転している。

外務省の役人が参加している武器博覧会が開催されているのはシンガポールなのにホテルの外にシンガポールにはない山が映っている。

等ということがいろいろ書かれているが、そんなことよりも蜂型ドローン(ハエかも)が無いと思う。(あったら欲しい)
存在したとしても、携帯サイズの機器で自由自在に操縦するのは不可能。
一番小さいのでも75ミリメートルの蜂鳥型のようだ。
画像

なんだかな~と斜に構えつつ観たがこれはこれで面白い。

"アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント